Glicentin : Rat Glicentin EIA Kit (YK111)

グリセンチン : ラットグリセンチン EIA キット (YK111)

小腸に存在するglucagon-like immunoreactivity (GLI)の分離、精製過程で、GLIの約40%を占める69 アミノ酸残基からなるグリセンチンが単離されました。このグリセンチン分子には、グルカゴンの全アミノ酸配列が含まれ、そのグルカゴン配列のC末端に6 アミノ酸残基が、一方、そのN末端に30 アミノ酸残基が、それぞれ塩基アミノ酸対(-Lys-Arg-)配列を介して連結しています。その後、遺伝子構造解析法の発展により、各種動物由来のグルカゴン前駆体の全アミノ酸配列が明らかにされましたが、いずれも小腸抽出物から単離されたグリセンチンに相当するアミノ酸配列をそのN端部に含んでおり、膵グルカゴンとそれより大分子型の腸管グルカゴン(GLI)は同一構造の前駆体に由来し、そのプロセッシングの相違により生成することが明らかにされました。さらにそのプロセッシングの違いにより、膵と腸管で異なる分子量のグルカゴン関連ペプチドが生成されることが分かりました。膵では主としてグルカゴンが生成されますが、腸ではグリセンチンのほか、GLP-1 やGLP-2 の生成が知られています。
矢内原研究所では同じ前駆体に由来する膵および腸管グルカゴン関連物質のすべてを網羅し、それらを分別測定できる一連のキットの開発に取り組んでいますが、既にグルカゴン、GLP-1、GLP-2の測定キットの確立に成功し販売しています。このたびラットグリセンチン測定系の開発を進めた結果、簡便で、特異性、定量性に優れたアッセイ系を確立することができました。

▼定価76,000円です。
▼0.206~50 pmol/mLの範囲で測定できます。
▼血漿サンプルの測定が可能です。
▼検体量は 30 μLです。
▼同時再現性 ラット血漿 CV(%) 4.56~7.82
▼日差再現性 ラット血漿 CV(%) 3.16~7.59

<特異性>
本キットはラットグリセンチンに特異的であり、ラット、マウスおよびヒトGLP-1、ラットGLP-2、ヒトグリセンチン並びにラット、マウスおよびヒトグルカゴンとの交差反応性は認めません。

YK111 Rat Glicentin EIA 取扱説明書

YK111 Rat Glicentin EIA (SDS)

PAGETOP