GLP-1: Total GLP-1-HS ELISA Kit (YK161)

GLP-1:  Total GLP-1-HS ELISA キット (YK161)

cDNAの構造より明らかにされたグルカゴン前駆体のペプチド配置は、グリセンチン関連膵ペプチド(GRPP)に続き、グルカゴン、GLP-1、GLP-2配列から構成されています。このグルカゴン前駆体のプロセッシングにより膵ではGRPPとグルカゴンが、また腸管においては、主としてグリセンチン、オキシントモジュリン、GLP-1およびGLP-2がそれぞれ生成されます。GLP-1につきましては、GLP-1(7-37)およびGLP-1(7-36)amideが今までに知られているインスリン分泌増強物質の中でもっとも強力な活性を有していることがわかっています。このうちGLP-1(7-36)amideが主として生体内で存在している形と考えられています。
これら活性型GLP-1と呼ばれる生理活性を示すGLP-1は、血中において酵素であるDPP-4による非常に速やかな限定的分解を受ける事で生理活性を失い、不活性型GLP-1となる事が知られています。
本キットは活性型GLP-1並びに不活性型GLP-1の両GLP-1の測定を行う事で、DPP-4による影響を受けない血中のTotal GLP-1の定量を可能にしています。

▼定価70,000円です。
▼1.235~300pM の範囲で測定できます。
▼血漿および培養液の測定が可能です。
▼検体量は25μLです
▼同時再現性 ヒト血漿 CV(%) 1.98 - 5.43
▼日差再現性 ヒト血漿 CV(%) 2.21 - 3.84

<交差反応性>

GLP-1 fragments Crossreactivity(%)
GLP-1 (7-36) amide 100
GLP-1 (9-36) amide 100
GLP-1 (1-36) amide 100
GLP-1 (1-37) 9.1
GLP-1 (7-37) 9.4

 

Related peptides Crossreactivity(%)
Rat GLP-2 <0.1
Human GLP-2 <0.1
Rat Glicentin <0.1
Human Glucagon <0.1
Rat GIP (1-42) <0.1
Mouse GIP(1-42) <0.1
Human GIP (1-42) <0.1
Rat GIP (3-42) <0.1
Human GIP (3-42) <0.1

 

YK161 Total GLP-1-HS ELISA 取扱説明書(PDF)

 

GLP-1関連キット

GLP-1 EIA Kit (YK160)

PAGETOP