PYY: Mouse/Rat PYY EIA Kit (YK081)

PYY: マウス/ラット PYY EIA キット  (YK081)

本EIAキットは下部消化管に特異的に存在する消化管ホルモン、Peptide YY(PYY)の簡易で安定な測定系であり、下部消化管の機能検査に有用な測定系として使用できます。
PYYは1980年、Tatemotoらにより、ブタ十二指腸抽出物から初めて単離された36アミノ酸残基のポリペプチドであり、膵ポリペプチドやニューロペプチドY(NPY)と高い相同性があるアミノ酸配列を有しています。回腸、結腸、直腸の内分泌細胞に特に分布し、胃腸の運動抑制、膵外内分泌抑制、胃酸分泌抑制などの作用が知られています。食餌(特に脂肪)により分泌が亢進し、未熟児や新生児において血中PYY値は成人の正常値の2倍から数倍に達しています。腸切除後には有意に低値を示すことが知られており、腸切除により下部消化管のPYY細胞数が減少することで、血中濃度が低下することが示唆されています。
本Mouse/Rat PYY EIAキットでは合成mouse/rat PYY (3-36)を標準品、ビオチン化mouse/rat PYY (3-36)を標識抗原、およびmouse/rat PYY を特異的に認識するポリクローナル抗体を使用し、マウス、ラット血清または血漿PYY(1-36) および PYY(3-36)濃度の測定が可能です。

▼定価76,000円です。
▼0.15~12.5 ng/mLの範囲で測定できます。
▼血清、血漿サンプルの直接測定ができます。
▼検体量は25μLです。
▼同時再現性 CV (%) 3.1~9.8
▼日差再現性 CV (%) 4.2~14.2

<特異性>
本キットはmouse/rat PYY (3-36)とは100%、mouse/rat PYY(1-36)とは115%の交差反応性が認められます。mouse/rat NPY、rat GLP-2、GLP-1およびGLP-1 (7-36)-NH2との交差性は認められません。

YK081 Mouse/Rat PYY EIA 取扱説明書

PYY関連キット

Human PYY EIA Kit/New type (YK080 )

PAGETOP