GLP-2: Mouse GLP-2 EIA Kit (YK142)

GLP-2 : マウス GLP-2 EIA キット (YK142)

cDNAの構造より明らかにされたグルカゴン前駆体のプログルカゴン分子は、N端よりグリセンチン関連膵ペプチド(GRPP)に続き、グルカゴン、グルカゴン様ペプチド(GLP)-1、GLP-2と並ぶペプチド配列から構成されています。このグルカゴン前駆体のプロセッシングは膵と腸管で異なり、膵ではGRPPとグルカゴンが、また腸管においては、主としてGRPPとグルカゴンが連結したグリセンチン、グルカゴンのC端に8アミノ酸残基を持つオキシントモジュリン、GLP-1およびGLP-2がそれぞれ生成されます。それぞれのペプチドの生理活性については既に多くの報告がありますが、GLP-2については主として腸管における細胞増殖活性が近年報告され、注目されています。
当研究所ではすでにラットGLP-2およびヒトGLP-2のEIA測定キットを開発しています。今回開発したマウスGLP-2の簡易測定キットはGLP-2に特異性の高い抗体を用い、マウス血清および血漿中のGLP-2を精度良く測定できるアッセイ系であります。

▼ 定価76,000円です。
▼ 0.412~100 ng/mLの範囲で測定できます。
▼ 血清、血漿サンプルの測定ができます。
▼ 検体量は25 μLです。
▼同時再現性
マウス血清 CV(%) 4.9 ~ 8.8
マウス血漿 CV(%) 3.5 ~ 6.0
▼日差再現性
マウス血清 CV(%) 11.0 ~14.7
マウス血漿 CV(%) 4.9 ~16.0

<特異性>
本キットは、マウスGLP-2に特異的であり、マウスグルカゴンおよびマウスGLP-1とは300 pmol/mLの高濃度においても交差反応性を認めません。

YK142 Mouse GLP-2 EIA 取扱説明書 (PDF)

YK142 Mouse GLP-2 EIA (SDS)

 

GLP-2関連キット

Rat GLP-2 EIA Kit (YK140)

Human GLP-2 EIA Kit (YK141)

 

PAGETOP